ほらほらコーヒーが冷めちゃってるよ 2

【おかえり、亮ちゃん(^O^)】田島亮くんと浦和レッズと演劇と映画と音楽が大好き!! 成河くん、亀田佳明さま、イキウメと浜田信也くん、宮沢氷魚ちゃん、大好きです。 演出家・藤田俊太郎くんを応援しています。小林賢太郎さん・片桐仁さんが大好き。ラーメンズは永遠に好き。BrandonBoyd&Incubus、JasonMraz、B'z、EddieRedmayne、大橋トリオ、kitori、宮本浩次さん。みんな大好き。なにより空が好き。 都々逸やっています。

文学座アトリエの会『海の眼鏡』千秋楽★★★★ 

  2010年の『ダーウィンの城』以来のアトリエでした。
 
  劇団桟敷童子(←この劇団を私は観たことがありません・・)の東憲司さんが文学座のために書き下ろした戯曲。東憲司さんは、この『海の眼鏡』戯曲と『劇団桟敷童子公演 「泳ぐ機関車」の作・演出で第47回紀伊国屋演劇賞 個人賞を受賞されました。おめでとうございます!(写真にイキウメの浜ちゃんの名前もありますね〜赤ペンで花マルつけたかった〜)
演出は高橋正徳さん。すばらしい美術は乘峯雅寛さん。
『かつて海女で有名だった海沿いの町。町おこしのための海女センター建設の計画が持ち上がり、 立ち退きを要求されている潰れた水族館がある。そこは海女を引退した御厨(みくりや)睦子の住居で、 彼女は立ち退きに反対し、篭城している。 そんな睦子の元に訪れたのは、町おこしの海女グランプリに選ばれた孫娘のほのかと、 かつては有能な海女専門の水中眼鏡職人で睦子と付き合いのある重治であった。 二人は立ち退きを説得するが睦子は一向に応じず…次第に重治はほのかと共に籠城に加勢をすることになる。 それぞれの思惑が渦巻き、家族を巻き込む戦いの日々が始まるのだった。 町はずれの潰れた水族館を舞台に繰り広げられる青春と狂気、あの懐かしい日々が蘇る。』
冒頭の、さびれた・・水をはった水槽に魚がいない水族館に篭城している睦子さんを重治さんが訪ねてきたときからもう涙が・・(笑)もう後半なんて顔が痛くなるくらい涙ぽろぽろでした。私がお年寄り好きなこともありますが、他のみなさまも素晴らしかったです。
かつて海女だった女と海女専用の水中眼鏡職人だった男の30年越しの物語。30年前に起きたこととは・・サスペンスドラマの要素があるストーリーなのでテンポもよくて、とても楽しみました。30年の苦しみからの解放。潮騒の音、水の音、海が助けを求めてる音など臨場感あり、その迫力にも圧倒されました。ほの暗い中で青く揺らめく水槽の水の美しさも。観に行くことが出来てよかった。
 終演後、出口にいらしたよこちんさんこと横田栄司さん(次男:幸夫)にご挨拶したら握手いただきました〜。先日、『ザ・ファクトリー2』の帰りに与野本町の改札でお会いしたんですよね(笑)