ほらほらコーヒーが冷めちゃってるよ 2

【おかえり、亮ちゃん】田島亮くん(・中嶋将人)と浦和レッズと演劇と映画と音楽が大好き!! 成河くん、亀田佳明さま、イキウメと浜田信也くん、宮沢氷魚ちゃん、大好きです。 演出家・藤田俊太郎くんを応援しています。小林賢太郎さん・片桐仁さんが大好き。ラーメンズは永遠に好き。BrandonBoyd&Incubus、JasonMraz、B'z、EddieRedmayne、大橋トリオ、kitori、宮本浩次さん。みんな大好き。なにより空が好き。 都々逸やっています。

昨日の朝日夕刊 

 シス・カンパニー「三人姉妹」劇評(山本健一さん) 『ケラの上演台本は、せりふの言い回しは現代風だが、原作は変えていない。演出も舞台手前と奥を重層して使い、手堅い。ひたすら作者の言葉を現代の宝石細工師の如く、自分の角度をつけて磨き上げ、テンポとキレのある喜劇に仕立てた。せりふ回しは乾き、人物を突き放す。結果、女は強く、男は哀しい。心理の内面は剥がされて静けさや微妙さは薄いが、一つの現実感はある。』私は22日。
 名取事務所「ベルリンの東」劇評(扇田昭彦さん)『作者は観念的な言葉を一切使わず、日常的な言葉と人間関係だけを通して、戦争犯罪が否応なしに次世代にもたらす重さを簡潔に描いていく。 舞台中央のドアの両側に、強制収容所を暗示する有刺鉄線(戯曲の指定にはない)を張った装置(内山勉・美術)が効果的だ。戦争の加害性を示す有刺鉄線は劇の単なる背景ではなく、国境を超えて今も私たちの現実を囲んでいるように感じられるからだ。小笠原の演出は細やかで、リアルな感触に富んでいる。三人の俳優たちも抑制の利いたいい演技を見せる。樋口藍・衣装。』これ、観たかったなぁ・・15日まで。名取事務所もいい作品ばかりなのですよ。