ほらほらコーヒーが冷めちゃってるよ 2

はてなダイアリーから引っ越してきました。なので、日記です。田島亮くんと浦和レッズが大好き!!成河くん、亀田佳明さま、イキウメと浜田信也くん、宮沢氷魚ちゃん、演出家・藤田俊太郎くんを応援しています。 演劇と映画と音楽とライブが好き。ラーメンズが大好き。都々逸やっています。なにより空が好き。★★田島の亮ちゃんの体調がよくなりますように★★

来年は『元禄港歌』と『蜷の綿』から 

市川猿之助蜷川幸雄氏4度目タッグで『元禄港歌』http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1531952.html
市川猿之助(39)が蜷川幸雄氏(79)演出の舞台「元禄港歌〜千年の恋の森〜」(来年1月、東京・渋谷シアターコクーン)に主演することが1日、分かった。80年に帝国劇場で初演され、美空ひばりさんが劇中歌を歌った伝説の舞台。猿之助は、ごぜ(盲目の女芸人)の座元役で、年上の宮沢りえ(42)段田安則(58)の母親役に挑む。』猿之助蜷川氏と4度目のタッグ作品に選んだのが「元禄港歌」だった。舞台「近松心中物語」で成功した秋元松代氏の脚本、蜷川氏の演出という組み合わせの第2弾として80年に初演され、平幹二朗太地喜和子さんが出演した。港町の大店を舞台に、結ばれない男女、悲しい秘密を背負う親子を描き、ひばりさんが猪俣公章さんが作曲した劇中歌を歌い、辻村ジュサブロー氏の人形が舞台を彩った。』『脚本を読んだ猿之助蜷川氏に上演を直訴して実現したが、熱望した役は、初演で平が演じた大店の長男信助や、太地さんのごぜの初音でなく、故嵐徳三郎さんが演じたごぜの糸栄だった。98年の上演で、猿之助の伯父、先代猿之助(現猿翁)夫人の故藤間紫さんが演じた。猿之助は「憧れの作品の上演、蜷川さんが元気なこと、何よりうれしく思っています。徳三郎さん、紫先生、美空ひばりさんへの思いを胸に務めさせていただきます」と話す。』『蜷川氏は「初演で苦労したこの作品を再演できるのはとてもうれしい。この仕事で猿之助さんとご一緒できるとは思っていませんでした」と話す。初音を宮沢、信助を段田が演じるが、宮沢は三味線をひき、段田は能を演じるため、稽古に入っている。宮沢は「蜷川さんの愛あるゲキをガソリンに走りきりたい」。段田は「無条件に演劇を見る喜びにあふれた作品」。共演は高橋一生鈴木杏市川猿弥、新橋耐子ら。』
高橋一生くんも出る!今度は男性役だね( ̄▽ ̄) ネクストからも出るよね!
 
『蜷の綿 (になのわた) ーNina's Cottonー』は2月だから、私たちもまた忙しいね。こっちはインサイドシアターだし、ネクストとゴールドかな? 
マームとジプシー藤田貴大さんtweet https://twitter.com/fujita_takahiro/status/636061473773490176
 
鈴木彰紀くんは『ヴェローナの二紳士』に出演ですね。今度は男性・女性どっちかな?私は男性やってほしいです。
溝端淳平三浦涼介高橋光臣、月川悠貴 正名僕蔵横田栄司、大石継太、岡田 正、河内大和 外山誠二、澤 魁士、野辺富三、谷中栄介、鈴木彰紀* 下原健嗣、 田中浩介**、矢崎浩志**  ほか ( *1441185807*…さいたまネクスト・シアター **…楽師 )
 
新国立では『あわれ彼女は娼婦http://www.nntt.jac.go.jp/play/performance/150109_006144.html
大変だーー。佐藤 誓さん、浅野雅博さん、横田栄司さん、中嶋しゅうさんの名前があって、観に行かなくてはーーと思わせられます。