ほらほらコーヒーが冷めちゃってるよ 2

【おかえり、亮ちゃん(^O^)】田島亮くんと浦和レッズと演劇と映画と音楽が大好き!! 成河くん、亀田佳明さま、イキウメと浜田信也くん、宮沢氷魚ちゃん、大好きです。 演出家・藤田俊太郎くんを応援しています。小林賢太郎さん・片桐仁さんが大好き。ラーメンズは永遠に好き。BrandonBoyd&Incubus、JasonMraz、B'z、EddieRedmayne、大橋トリオ、kitori、宮本浩次さん。みんな大好き。なにより空が好き。 都々逸やっています。

橋岡大樹の記事をむさぼり読む(笑)

 ユニフォームにサインしてもらったの、はじめて!嬉しい!
読んでいなかった記事をいくつか読んだ。
「いつの日か浦和の闘将の証しである背番号4番を。」【河合貴子のレッズ魂ここにあり!(2017.9.1)】https://www.urawa-football.com/post/28327/
「橋岡選手は、典型的なDFの選手である。ペトロヴィッチ監督が指揮を執っていた当時にも練習参加していた。その時は、サイドチェンジや縦を意識したロングボール、クロスを入れる居残り練習に励んでいた。必死に正確なフィードを心掛けてきたのだ。その意識下で、足技にも磨きが掛かって来ている。努力を惜しまない選手だからこそ、ドンドン勇気を持ってチャレンジしていって欲しいと思った。」
「負けず嫌いで、向上心を持ち、本当に生真面目な橋岡選手。でも、恥ずかしそうに「みんなから、シャツをインしていると散々言われた。ユースでは、シャツをインするので・・・。ジュニアユースのころからそうだったので、やっちゃった。スポンサーがあるのを忘れていた」と照れ笑い。」
 橋岡大樹「『27番といえば橋岡』という印象を皆さんに持っていただきたい」(サッカーキング 2018.01.12)https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20180112/700533.html
カルレス・プジョル選手やセルヒオ・ラモス選手(レアル・マドリード)のような体を張る選手が好きです。」
15歳のユース時代の記事「大槻毅監督も「ハートがある」と認める登録182cmのDF。CBでも十分に上を狙うことのできそうな素材だが、身長の伸びは止まりつつあり、「あのサイズでSBっていないじゃないですか」(大槻監督)という期待からCBでのプレーもしながら、より上を目指すために現在は大型SBとして育てられている。昨年は3世代上の中で揉まれ、そして今年も2世代上の中で経験を積んで成長を遂げている橋岡は「自分の中でも、凄いいい経験を監督とかからさせてもらっていると思っています」。昨年、隣のCBでプレーすることもあった兄・DF橋岡和樹は明治大へ進学。最も頼りになる存在はいなくなったが、「自分でやっていかないといけない」と意気込む橋岡は新たなシーズンでより向上心を持って取り組んでいる。」 http://web.gekisaka.jp/news/detail/?161337-161337-fl&utm_source=antenna