ほらほらコーヒーが冷めちゃってるよ 2

【おかえり、亮ちゃん】田島亮くん(・中嶋将人)と浦和レッズと演劇と映画と音楽が大好き!! 成河くん、亀田佳明さま、イキウメと浜田信也くん、宮沢氷魚ちゃん、大好きです。 演出家・藤田俊太郎くんを応援しています。小林賢太郎さん・片桐仁さんが大好き。ラーメンズは永遠に好き。BrandonBoyd&Incubus、JasonMraz、B'z、EddieRedmayne、大橋トリオ、kitori、宮本浩次さん。みんな大好き。なにより空が好き。 都々逸やっています。

イヴォ・ヴァン・ホーヴェ『オープニング・ナイトOpening Night』★★★★★

芸劇オータムセレクション イヴォ・ヴァン・ホーヴェ(IVO VAN HOVE)演出作品上映会 イヴォが芸術監督を務めるITAの作品。

『オープニング・ナイトOpening Night 』


カサヴェテスが監督と劇中劇にも出ている妻ジーナ・ローランズ主演映画の舞台化。
舞台奥にスクリーン、ステージがあり演出家やスタッフの席があり客席があり、幻あり、それを観る不思議な感覚。ぐるぐる巻き込まれていく私。すごく面白かった。

音楽もとても良いなぁ。好きだなぁ。

 

『オープニング・ナイトOpening Night』

■原作:ジョン・カサヴェテス
■演出:イヴォ・ヴァン・ホーヴェ
■出演:Elsie de Brauw, Chris Nietvelt, Fedja van Huêt,Jacob Derwig, Katja Herbers ほか
■初演:2006年
■上映時間:90分
■本国公式作品解説:https://tga.nl/en/productions/opening-night

 「「オープニング・ナイト」が描くのは、新作「二番目の妻」の初日を間近に控え、波乱の日々を送る劇団の舞台裏。物語はプレビュー初日から始まり、3日後の本初日の夜に終わる。昼間はうまくいかないシーンを稽古し、夜には公演を行う。「第二の妻」のシーンが、稽古、話し合い、役者同士の葛藤や個人的な会話を通じて、変容していく。劇団の看板女優マートル・ゴードンは、問題を抱えている。演じる役は、盛りをすぎているのに若さに執着する女性で、彼女は全く共感できず、なんとかその人物に希望を持たせようとする。それ以上に彼女が気にしているのは、舞台上で共演する男優に横っ面を張られることだ。そして、その俳優モーリスは、まさしく彼女の前夫なのだった。平手打ちは明らかに見せかけなのだが、彼女にはあまりにリアルに感じられるのだ。 プレビュー初日の夜、サインをあげた若い女性ファンがその直後に車にはねられて死ぬのを目撃したマートルは、現実と芝居の区別がつかなくなる。事故の残像が頭を離れず、自分の役を死んだナンシーと重ね合わせていく。役をつかもうとして、空想の中に何度もナンシーを蘇らせるのだが、ナンシーは恵みを与えるのではなく、次第に呪いとなっていく。気づくとマートルは死んだ女性に依存し、共演者は彼女が狂気すれすれの状態にあると気づく。マートルがそこから抜け出す道はただ一つ。生存本能の命じるまま、彼女は若き自分のイメージを殺す…。」

ita.nl

www.youtube.com

f:id:Magnoliarida:20201108191221j:image
f:id:Magnoliarida:20201108191217j:image