ほらほらコーヒーが冷めちゃってるよ 2

【小林賢太郎氏を応援します】田島亮くんと浦和レッズと演劇と映画と音楽が大好き!! 成河くん、亀田佳明さま、イキウメと浜田信也くん、宮沢氷魚ちゃん、竹財輝之助さん、大好きです。 演出家・藤田俊太郎くんを応援しています。小林賢太郎さん・片桐仁さんが大好き。BrandonBoyd&Incubus、JasonMraz、B'z、EddieRedmayne、大橋トリオ、kitori、宮本浩次さん。みんな大好き。なにより空が好き。 都々逸やっています。【田島亮ちゃんの復帰待ち★待っているから★きっともうすぐ】

KAAT『近松心中物語』★★★★★

f:id:Magnoliarida:20210912210815j:image


f:id:Magnoliarida:20210912210836j:image

f:id:Magnoliarida:20210912210833j:image

お墓参りのあと、友だちとKAATで待ち合わせて『近松心中物語』観劇。8列目センターブロック。すごく観やすかった!

長塚圭史さんの演出、すごく粋で楽しくて、そして美しかった。私は『近松心中物語』がはじめてだったので伝説となっている蜷川さんやいのうえさんの演出と比較できませんが、とても美しい秋元松代さんの戯曲。せりふ全てが美しく、その言葉を丁寧に生かす俳優。演出の長塚圭史さん最高です。ありがとうございますと言いたい。

シンプルな美術(サイドの使い方に「ガラスの動物園」を思い出したりも)かと思ったらすごい仕掛けが!上からセットが…上へセットが…あれはKAATの大ホールだから出来る演出ね(※)。何回も行っているけれどびっくりしましたよ、長塚さん。
スチャダラパーのラップ混じりの音楽が遊郭街にハマって楽しく耳に残ります。

終わって友だちに「松田龍平松田龍平で与兵衛だったね(もちろんご本人とは面識がないので、「まめ夫」の八作とか朝ドラ「あまちゃん」のときのミズタクのことね)」と言ったくらい龍平くんがまんま婿養子の傘屋与兵衛。傘屋の箱入り娘で与兵衛の妻お亀役の石橋静河ちゃんがたまらなく可愛くて(夫を育てることには失敗したけれど)、二人のシーンに笑ったり和んだり。田中哲司・亀屋忠兵衛と笹本玲奈・遊女梅川の場面で何度もウルウル涙が…出会って40日のふたり、梅川に身請けの話があってもなくても忠兵衛には破滅しか道はなさそうだけどね。

二組の対比が面白かった。忠兵衛と与兵衛の友情が、幼なじみだとわかるのは一場面しかないのに、それが大きく運命を変える物語。

あと、忠兵衛の飛脚屋仲間・丹波屋八右衛門役の石倉三郎さんがいい!とても良かった。さすがです。お亀の母・お今に朝海ひかるさんも。もちろん全キャスト良かった!

とにかく良い時間をもらいました。

f:id:Magnoliarida:20210912225924j:image
f:id:Magnoliarida:20210912225935j:image

https://www.kaat.jp/d/chikamatsu

【作】秋元松代
【演出】長塚圭史
【音楽】スチャダラパー

【出演】田中哲司松田龍平笹本玲奈石橋静河 綾田俊樹、石橋亜希子、山口雅義、清水葉月、章平、青山美郷、辻本耕志、益山寛司、延増静美、松田洋治蔵下穂波。藤戸野絵、福長里恩/藤野蒼生(子役Wキャスト) 朝海ひかる石倉三郎

あらすじ「物語は元禄時代、大阪・新町(遊郭街)で始まる。真面目な飛脚屋亀屋の養子・忠兵衛は、新町の遊女・梅川に出会い、互いに一目で恋に落ちる。梅川に、さるお大尽からの身請け話が持ち上がる。金に困った忠兵衛は、幼馴染みの古道具商傘屋の婿養子・与兵衛に金を借りにいく。与兵衛が快く貸してくれた50両で、梅川の身請けの手付金を払い安堵する忠兵衛と梅川の元に、大尽からの身請けの後金300両が届いてしまう。一方お人よしで心優しい与兵衛は、与兵衛に恋い焦がれる女房のお亀、舅姑とともに、大店の婿養子として身の置き所のない想いを抱いて暮らしていたのだった。忠兵衛と梅川/与兵衛とお亀。華やかな元禄の世に生きる境遇の違う男女二組。恋い焦がれる人と共にいるために心中を選ぶ、それぞれの恋を描く…。

秋元松代の代表作であり日本演劇界の金字塔とも言われる「近松心中物語」。そのシンプルで力強い言葉と、故・蜷川幸雄の劇的な演出による観客からの圧倒的支持で、初演以来1000回を超え上演されてきた」らしいですが、2016年に予定されていた蜷川さんの舞台が中止になり、その後、堤真一さんと宮沢りえちゃんであったけれど『今ひとたびの修羅』と同じキャストだし演出家さんが苦手だっなので観なかったので、初・近松心中物語でした。

www.youtube.com

spice.eplus.jp

f:id:Magnoliarida:20210912222458j:image
f:id:Magnoliarida:20210912222505j:image

KAAT PAPER はじめて見た!
KAAT の袋にも「冒」

f:id:Magnoliarida:20210912225901j:image
f:id:Magnoliarida:20210912225909j:image
f:id:Magnoliarida:20210912225905j:image

※古道具商と蜆川(しじみがわ)

f:id:Magnoliarida:20210916144944j:plain

長塚圭史さんコメント「肉体が純粋渇望するもの。

近松心中物語」は大阪新町の見世女郎梅川と飛脚宿の養子忠兵衛の叶わぬ恋を発端に描くドラマです。ふたりは出会い、恋の炎が燃え上がりますが、金に行き詰まり、とうとう身分を捨て、社会の枠組みから飛び出します。

秋元さんは身分制度のあった江戸時代の社会を、味わい深い台詞で紡ぎます。見世女郎よりも更に身分の低い、河原で客を取る辻君にも今夜帰る家があること。丁稚の長松や久作は幼いながらも親元を離れ、仕事をして、ご飯を食べていること。不機嫌な小役人にも女房が待っていること。皆、生きる為に、働いて、眠り、暮らしています。そんな当たり前の日常からはみ出していく忠兵衛と梅川。例えどんな地位であれ境遇であれ、私たちは人間であることを求める。心中とありますが、死は生を鮮やかに照らします。

このエネルギーが現在の皆様に届けばと思います。KAAT神奈川芸術劇場でお待ちしております。

natalie.mu