ほらほらコーヒーが冷めちゃってるよ 2

【おかえり、亮ちゃん】田島亮くん(・中嶋将人)と浦和レッズと演劇と映画と音楽が大好き!! 成河くん、亀田佳明さま、イキウメと浜田信也くん、宮沢氷魚ちゃん、大好きです。 演出家・藤田俊太郎くんを応援しています。小林賢太郎さん・片桐仁さんが大好き。ラーメンズは永遠に好き。BrandonBoyd&Incubus、JasonMraz、B'z、EddieRedmayne、大橋トリオ、kitori、宮本浩次さん。みんな大好き。なにより空が好き。 都々逸やっています。

『関数ドミノ』1回目★★★★ 

 本多劇場へ。お花がいっぱい。
C列。← もうすこし上がいいな。

本多劇場にて『関数ドミノ』観劇。おもしろかったよー。ちょっと席が前過ぎたけれど…。
瀬戸くん、すごいわ。すごいです。真壁を演じているのは本当に瀬戸くん?あの可愛らしいお顔の瀬戸くんはどこへ?と思うほどに真壁。気持ち悪さ全開。
果てのない人だわ。
 
と帰りの電車でTweet。今年の瀬戸康史くん、どれも違って、どれもすごい。しかもさりげなく。
あ、柄本時生くんが前よりかっこよくなってた。彼もさりげない。ぱっと見、瀬戸くんが森魚で、時生くんが真壁だものね〜。時生くんの森魚もリアル。
勝村さんと千葉さんいるけれど、キャストが若者中心だから?か「若くてストレートだなぁ」という印象。でも、勝村さんがいる安定感・安心感は健在。落ち着かせてくれてる大きな存在。後半にかけての勝村さんの変化は、さすがだなって思います。若者たちと勝村さん・千葉さんとの年齢差がしっくりきます。
 
今回用に前川さんが本を書き直しているので、少し違うけれど、イキウメ版(前川さん演出)の方が、SF色が濃く、より日常に近い感じ(リアルさ。)の怖さがあるのは、やっぱりこういう作品をずっとやってきた劇団員だからなんだろうな。身近に感じるから、しばらく抜けない。
でも、今回初めて観た人たちは、私がイキウメで感じたのと同じ思いをするかもしれない。
ラストは、イキウメ版の方が重くてズシンと刺さったたけれど、前川さんが今回のために改稿した2017バーション(今回のキャストをイメージして2009年の台本を選んだとのこと)の方が後味が良いかもしれない。希望が見えるから。
暗転なしでシーンが並行しながら移動する演出は好きだな。でも、美術に電柱とか車とかいらないんじゃないかな・・とチラッと思うのは、私がイキウメ好きすぎるからかも。本多劇場の規模なら車があってもいいか。陰影の効いた照明も綺麗だったね。
 
瀬戸くんに前川さんが「「関数ドミノ」他人事のようだが、面白かった。ストーリーを重視した演出も、俳優たち皆とても良かった。特に瀬戸くんが出色で、内面の歪みが顔の印象すら変えてしまう様子は、「ドリアン・グレイの肖像」の思い出してしまうほどに。いや驚いた。当日券あるようです、東京は15日まで。」、「立派なクズ野郎でした(褒め言葉)。しかし長い公演、マジでダークサイドに落ちないように気をつけて。」とTweetしていたのがよくわかりました。https://twitter.com/TomoMaekawa/status/915883542684377088
「現在真壁が僕を侵食している状態です。」瀬戸くん・・😨。https://twitter.com/koji_seto0518/status/915806859671609344
 
作:前川知大 演出:寺十吾  公式サイト http://kansu-domino.westage.jp
出演:瀬戸康史柄本時生小島藤子鈴木裕樹山田悠介池岡亮介、八幡みゆき、千葉雅子勝村政信
美術:原田愛 照明:中川隆一 音響:岩野直人 音楽:坂本弘道 衣裳:郄木阿友子 ヘアメイク:武井優子 演出助手:相田剛志 舞台監督:幸光順平/倉科史典

 あらすじ
「とある都市で、奇妙な交通事故が起きる。信号のない横断歩道を渡る歩行者・田宮尚偉(池岡亮介)のもとに、速度も落とさず車がカーブしてきた。しかし車は田宮の数センチ手前で、あたかも透明な壁に衝突したかのように大破する。田宮は無傷、運転手の新田直樹(鈴木裕樹)は軽傷で済むが、助手席に座っていた女性は重傷を負ってしまう。目撃者は真壁薫(瀬戸康史)と友人の秋山景杜(小島藤子)、左門森魚(柄本時生)の3人。事後処理を担当する保険調査員・横道赤彦(勝村政信)はこの不可解な事故に手を焼き、関係者を集めて検証を始める。すると真壁が、ある仮説を立てるのだった。その調査はやがて、HIV患者・土呂弘光(山田悠介)、作家を目指す学生・平岡泉(八幡みゆき)、真壁の主治医・大野琴葉(千葉雅子)をも巻き込んでいく。はじめは荒唐無稽なものと思われた仮説だったが、それを裏付けるような不思議な出来事が彼らの周りで起こり始める――。」
 
   来週、もう一回観るので、その時にまた。

舞台写真がいっぱい。http://spice.eplus.jp/articles/150420