ほらほらコーヒーが冷めちゃってるよ 2

【おかえり、亮ちゃん】田島亮くん(・中嶋将人)と浦和レッズと演劇と映画と音楽が大好き!! 成河くん、亀田佳明さま、イキウメと浜田信也くん、宮沢氷魚ちゃん、大好きです。 演出家・藤田俊太郎くんを応援しています。小林賢太郎さん・片桐仁さんが大好き。ラーメンズは永遠に好き。BrandonBoyd&Incubus、JasonMraz、B'z、EddieRedmayne、大橋トリオ、kitori、宮本浩次さん。みんな大好き。なにより空が好き。 都々逸やっています。

ACM劇場プロデュース公演『海辺の鉄道の話』1回目★★★★★ 

 水戸へ。早く行って湊線(ひたちなか海浜鉄道)に乗りたかったのだけれど、昨夜LIVEで遅くなったので、早起きできず、10:30のバスで水戸へ。
(ニューヨークに電話してた?の場所 https://twitter.com/sugi_ki/status/1042324306242355204

水戸芸術劇場にて『海辺の鉄道の話』観劇。この公演が水戸であることの意味を受け止める。水戸まで行って良かった。隣の女の子はずっとウンウンって頷きながら観てた。生まれた時から湊線が生活の中にあったんだろうな。
詩森ろばさんの地域に寄り添った脚本が素晴らしい。公演回数少なすぎる〜。

え😳…でも可愛いーっがたっぷりの楽しい演出、高い天井も生かした美術、地元の子どもたちと作ったという湊線のジオラマ、ラストの美しい光景、歌あり、群舞あり、青木タクヘイさんの生演奏も素敵。あたたかい気持ちとパワーをもらいました!
おさむ、ミニさむ😍 必見ですよ。←この2匹の駅猫がストーリーテラーとしてお芝居を進めます。

田島亮くんの「ミニさむ」が可愛くて、可愛くて、可愛くて、可愛くて、これくらいにしておくけれど、私の頭の中のほとんどが、いま、ミニさむです。
頭の中の別の場所には、お揃いの衣裳で踊る皆さまが…。 ←どんな衣裳か今は言えない(笑)そんな海辺の鉄道の話🚃
と帰りのバスで感想Tweet
 
http://310acm3710railstory.com
ひたちなか市内を走る全長14.3キロのちいさな鉄道。「ひたちなか海浜鉄道湊線」。この鉄道は、10年前、廃線の危機に瀕し、沿線住民からの熱い後押しを受けて第三セクターとして再出発しました。けれど、それからの10年もけして順風満帆とは言えませんでした。資金難、震災…「もうダメだ!」と誰もが思った危機を、働くひとたちや沿線のひとたち、2匹の駅猫「おさむ」と「ミニさむ」、みんなで力を合わせて乗り越えてきました。私たちのすぐ近くで、これまでにどんなことがあり、これからどんなことが起きようとしているのでしょうか。『海辺の鉄道の話』は、生まれ変わろうとしている鉄道と、その鉄道とともに生きる人々の物語です。」

出演:春海四方、杉木隆幸、酒巻誉洋、佐野功田島亮高畑こと美、八幡みゆき、白井風菜、椎名一浩、橋本昭博、篠原立、杉山文乃、塩谷亮、大内真智、小林祐介
脚本・演出:詩森ろば 美術:杉山 至 照明:榊 美香(有限会社アイズ) 音響:青木タクヘイ(STAGE OFFICE)
 ROBA BOYSという感じ。 
終演後、大好きなお亮ちゃん、清澄白河で大好きになった皆さまと、お話したり写真撮ったり・・嬉しいことばかりの水戸でした。観に来ていた藤尾勘太郎くんにもご挨拶できて嬉しかったな。

 劇場近くのイタリアンのお店HOROSHIで牛肉とグリンピースのボロネーゼを生パスタで。サラダのドレッシングも美味しかった。
[