ほらほらコーヒーが冷めちゃってるよ 2

はてなダイアリーから引っ越してきました。なので、日記です。田島亮くんと浦和レッズが大好き!!成河くん、亀田佳明くん、イキウメと浜田信也くん、宮沢氷魚ちゃん、演出家・藤田俊太郎くんを応援しています。 演劇と映画と音楽とライブが好き。ラーメンズが大好き。都々逸やっています。なにより空が好き。

プルカレーテ演出の“野田版”「真夏の夜の夢」開幕

【公演レポート】プルカレーテ演出の“野田版”「真夏の夜の夢」開幕、鈴木杏「劇場で一身に浴びて」(コメントあり) https://natalie.mu/stage/news/400788

これも楽しみな公演のひとつ。


「本公演には 鈴木杏北乃きい加治将樹矢崎広今井朋彦加藤諒長谷川朝晴山中崇、 河内大和、 土屋佑壱、 浜田学、茂手木桜子、 八木光太郎、 吉田朋弘、 阿南健治、 朝倉伸二、 手塚とおる、 壤晴彦が出演。原作でヘレナにあたるそぼろを鈴木、ハーミアにあたるときたまごを北乃、デミトリアスにあたる板前デミを加治、ライサンダーにあたる板前ライを矢崎が演じる。」

 

鈴木杏ちゃんのコメントより「プルカレーテさんの世界観で野田さんの戯曲をみると、こう変わるのか!という印象の違いに驚きました。喜劇というよりダークファンタジーです。私の演じるそぼろは人と自分を比べて卑屈になったり、愛が暴走して空回りしてしまったり。若いころにはありがちかも...…と共感できるキャラクターです。プルカレーテさんの天才的で、ほとばしるセンスを思う存分楽しんでいただけるよう頑張ります。ぜひそのセンスを、劇場で一身に浴びていただけたらと思います。」

f:id:Magnoliarida:20201016102548j:image
f:id:Magnoliarida:20201016102544j:image
f:id:Magnoliarida:20201016102538j:image
f:id:Magnoliarida:20201016102541j:image

真夏の夜の夢」より。(撮影:田中亜紀さん)

 

公式サイト https://www.midsummer-nights-dream.com/

あらすじ「創業130年の割烹料理屋「ハナキン」。その娘・ときたまご(ハーミア/北乃きい)には許婚がいた。板前のデミ(デミトリアス/加治将樹)である。デミはときたまごを愛していたが、彼女は板前のライ(ライサンダー矢崎広)に恋心を寄せていた。ときたまごとライは<富士の麓>の「知られざる森」(アーデンの森)へ駆け落ちする。それを追いかけるのはデミと、彼に恋をしている娘・そぼろ(ヘレナ/鈴木杏)。森では妖精のオーベロン(壤晴彦)とタイテーニア(加藤諒)が可愛い拾い子をめぐって喧嘩をしている。オーベロンは媚薬を使ってタイテーニアに悪戯をしようと企み、妖精のパック(手塚とおる)に命令する。ついでにそぼろに冷たくするデミにも媚薬を使おうと思いつく。しかし悪魔メフィストフェレス今井朋彦)が現れ、パックの役目を盗みとる。そこに「ハナキン」に出入りしている業者の面々が結婚式の余興の稽古にやって来て、事態はてんやわんやに・・・。」

 

パックが手塚とおるさん!

 

野田さんの戯曲好きだし、鈴木杏ちゃんは信頼できるし、河内大和さんも私の見逃したくない俳優のひとりだし、演出がルーマニアの巨匠シルヴィウ・プルカレーテさんときたらねぇ。先日偶然カフェでお会いしたさい芸の渡辺さんにもこの野田版おもしろいよって…その前からチケット取っていましたが😃

観るのは来週でーす。