ほらほらコーヒーが冷めちゃってるよ 2

【おかえり、亮ちゃん(^O^)】田島亮くんと浦和レッズと演劇と映画と音楽が大好き!! 成河くん、亀田佳明さま、イキウメと浜田信也くん、宮沢氷魚ちゃん、大好きです。 演出家・藤田俊太郎くんを応援しています。小林賢太郎さん・片桐仁さんが大好き。ラーメンズは永遠に好き。BrandonBoyd&Incubus、JasonMraz、B'z、EddieRedmayne、大橋トリオ、kitori、宮本浩次さん。みんな大好き。なにより空が好き。 都々逸やっています。

ナショナル・シアター・ライヴ2018『エンジェルス・イン・アメリカ 第一部 至福千年紀が近づく/Angels in America Part 1 : Millennium Approaches』★★★★★ 

 TOHOシネマズ日本橋へ。TCXで。
 一部観て来た。冒頭のニュース映像で社会問題となった当時を思い出した。彼らの孤独に絶望しているところにスピルバーグか?とあれが現れて一部終了。ここで終わる?早く二部観たい!だってストーリーわからなくて不完全燃焼。
暗くて仕組みが見えないけれど、1つじゃなく3つある盆の、人間関係のように複雑な動きが素晴らしくて好き。ゲイ・ファンタジー!生で観たらもっとおもしろいんだろうな。パンフレットまだなかった。
素晴らしいですアンドリュー・ガーフィールド🌈 アンドリューが瀬戸くんとダブったよ。
 
戯曲、図書館で借りるしかないかなーー。『エンジェルス・イン・アメリカ 第二部 ペレストロイカ/Part 2 : Perestroika』は、3月16日から
 https://www.ntlive.jp/angelsinamerica
エンジェルス・イン・アメリカ 第一部 至福千年紀が近づく(原題:Angels in America Part 1 : Millennium Approaches)尺:3時間40分(休憩15分が二回) 
上演劇場:ナショナル・シアター リトルトン劇場
作:トニー・クシュナー Tony Kushner 演出:マリアン・エリオット Marianne Elliott
出演:Prior Walter(アンドリュー・ガーフィールド Andrew Garfield)、Roy Cohn(ネイサン・レイン Nathan Lane)、Harper Pitt(デニース・ゴフDenise Gough)、Joseph Pitt(ラッセル・トーヴィー Russell Tovey)、The Angel(アマンダ・ローレンス Amanda Lawrence)
 
2003年に製作されたドラマ版は、ロイ・コーン役でアル・パチーノ、プライアーはジャスティン・カーク、エマ・トンプソンがエンジェル。
 エンジェルが成河くんの2004年ロバート・アラン・アッカーマン演出のTPT「エンジェルス・イン・アメリカ」観たかったーーー(まだ成河くんを知らなかったのよーー)
当時の朝日新聞「第1部と第2部を通して7時間。そんな超大作の演劇「エンジェルス・イン・アメリカ」が東京・森下の小劇場「ベニサン・ピット」で上演されている。1980年代のニューヨークでエイズに苦しむ人々を描いた米国の傑作戯曲に、決して有名ではないけれど、若くていきのいい俳優たちが挑んだ舞台。疾走感あふれるドラマに、7時間はあっという間だった。」「劇中に流れる80年代のヒット曲や当時ブームだった「ヤッピー」の生態、「赤狩り」で権力をふるった実在の政界の黒幕ロイ・コーンの隠された秘密など、興味深い点は尽きないが、何よりも、舞台上の人々が生々しく感情をぶつけて愛し、傷つけあう姿が心に迫る。俳優の息遣いまでもが伝わる小さな劇場で見ていると、いつのまにか登場人物の友達になり、同じ時間と場所で一緒に生きているかのような錯覚にとらわれる。」(アサヒ・コム編集部)http://www.asahi.com/culture/stage/theater/TKY200704030210.html
大物弁護士ロイを山本亨さん、プライアーは斉藤直樹さんだったのね。


 今年3回目の「大吉」。決していいことは書いていないのよねぇ、大吉って。