ほらほらコーヒーが冷めちゃってるよ 2

【おかえり、亮ちゃん】田島亮くん(・中嶋将人)と浦和レッズと演劇と映画と音楽が大好き!! 成河くん、亀田佳明さま、イキウメと浜田信也くん、宮沢氷魚ちゃん、大好きです。 演出家・藤田俊太郎くんを応援しています。小林賢太郎さん・片桐仁さんが大好き。ラーメンズは永遠に好き。BrandonBoyd&Incubus、JasonMraz、B'z、EddieRedmayne、大橋トリオ、kitori、宮本浩次さん。みんな大好き。なにより空が好き。 都々逸やっています。

流山児★事務所『美しきものの伝説』初日★★★★★

職場が殺伐としていたのでギリギリまで早く帰らせてほしいと言えず18時すぎに「営業からOKが出ているので帰ります(キッパリ)」と言って会社を出て下北沢 小劇場B1へ。


f:id:Magnoliarida:20221006001413j:image

f:id:Magnoliarida:20221006001418j:image

流山児★事務所『美しきものの伝説』初日観劇。C列にて。おもしろかった〜!
西沢さんの演出は物語を追うだけでなく、政治と演劇に焦点に当てているのでゾクゾクするし、難しい言葉もスッと入ってくる。宮本研の戯曲通りに進み戯曲のセリフなのに、とても「今」を感じる舞台でした。

人も多く歌あり映像あり劇中劇あり盛り沢山なのにごちゃごちゃしていないの、すごい。

衣裳や髪型などから今を生きる若者のようでありながら後にベル・エポックといわれる大正時代だけど、彼らの生きた時代はそうじゃない、民衆のために熱い信念を持って生きた彼らに想いを馳せることが出来ました。
大杉栄役の田島亮くん、今とリンクするその時代を、時代を良くするために生きたクロポトキン、ちゃんと歳を重ねたのがわかるし、とにかくかっこよかった~!山丸莉菜さんも伊藤野枝を丁寧に演じていてよかった~!

あ、かっこいいと言えば…幕間に客席でちょっとしたトラブルっぽいことがあったからか、二幕始まる前にご挨拶された西沢さん、素晴らしい方だと思いました。上司にしたいタイプです。

初日なので、このくらいにしておきます。また観に行きまーす。それまで仕事がんばろ!

f:id:Magnoliarida:20221006001248j:image この場面はあの場面だ😃


f:id:Magnoliarida:20221006001448j:image

f:id:Magnoliarida:20221006001444j:image

f:id:Magnoliarida:20221006001526j:image

f:id:Magnoliarida:20221006001529j:image

f:id:Magnoliarida:20221006001529j:image

f:id:Magnoliarida:20221006001548j:image

今日観て、2010年のネクスト・シアターの『美しきものの伝説』は皆まだ経験浅かったし、蜷川さんの演出は素晴らしかったけれど本を読んでいるようだったんだな〜と思ったわ。

山丸莉菜さんは『コタン虐殺』のときのヒロインでしたね。あのときもよかった。 https://twitter.com/magnoliarida/status/1223956397332652032?s=46&t=nabHDyXZ0gn6jMdjis4Jlw

綾野剛くんからお祝い来てた〜。観てくれたらいいなぁ。f:id:Magnoliarida:20221006001646j:image

パンフレットとクリアファイル購入。f:id:Magnoliarida:20221006002843j:image

劇場で会った友だちと帰りにお茶もできて嬉しかった😊

作:宮本研 演出:西沢栄治
出演:田島亮、申大樹、上田和弘、山丸莉菜、春はるか、橋口佳奈、竹本優希、里美和彦、鈴木幸二、佐野バビ市、本間隆斗、十河尭史、諏訪創、荒木理恵、秋保達也、岡崎叶大、立原茉奈春、山川美優
音楽:諏訪創 振付:神在ひろみ 舞台美術:小林岳郎 照明:横原由祐 映像:浜嶋将裕 音響:島猛 衣裳:竹内陽子 演出助手:杉浦一輝 宣伝美術:ヨコヤマ茂未+江利山浩二 制作:米山恭子+竹本優希 芸術監督:流山児祥

役者たちが『全存在』をかけて、そこにいればイイ。名作は、どう、ぶっ壊しても、壊れない!!(芸術監督:流山児祥さん)

辛亥革命110年、宮崎滔天没後100年、大逆事件死刑執行111年、関東大震災99年の2022年、研さんの「百年前のアナーキーな若者たちの冒険劇」を連続上演する。故郷の革命家:宮崎滔天と中国の革命家の交流を描く『夢・桃中軒牛右衛門の』、大正の社会運動家と演劇人との熱い交流を描く『美しきものの伝説』である。」
「《命、革める》若者たちの「自由と友情」の歴史劇★連続上演です。戦争の時代」にあらためて、「自由と民権」を真っ向からボクタチは演劇の力を信じて問いたいと想っています。
ふらりと、下北沢までおいで下さい!」(芸術監督:流山児祥さん)

演出の西沢栄治さん「この戯曲はあまりにも「名作」になりすぎていないだろうか。
そりゃたしかに面白いし台詞もカッコイイ。憧れの作品だ。
けれどそんな風に有り難がっていてもしょうがない。
登場人物たちは今でこそ歴史上の偉人だが、劇中では理想と現実のギャップに悩むただの若者だ。憤る気持ちやダメさ具合は現代の私たちと何ら変わらない。
そのどうしようもない青春の熱量で、アナーキーな芝居をつくってみようと思う。それこそが流山児事務所で上演する意味ってもんだろう。のるかそるか。御期待ください。

流山児★事務所の宮本研連続上演第2弾「美しきものの伝説」が本日スタート(舞台写真 / コメントあり) (撮影:石川敦子さん)

natalie.mu

f:id:Magnoliarida:20221006002944j:image


f:id:Magnoliarida:20221006202217j:image

f:id:Magnoliarida:20221006202200j:image