ほらほらコーヒーが冷めちゃってるよ 2

好きな人に伝えたいことはできる限り直接伝えます。都々逸作っています。浦和レッズと演劇と映画と音楽が大好き! 田島亮(・中嶋将人)、成河、亀田佳明、イキウメと浜田信也。演出家・藤田俊太郎を応援しています。小林賢太郎・片桐仁、ラーメンズは永遠に好き。B'z、BrandonBoyd&Incubus、JasonMraz、大橋トリオ、Eddie Redmayne

イキウメ『人魂を届けに』初日★★★★★

初台から下高井戸経由世田谷線でシアタートラムへ。


f:id:Magnoliarida:20230517104804j:image

f:id:Magnoliarida:20230517104808j:image

f:id:Magnoliarida:20230517105002j:image

大好きなイキウメの『人魂を届けに』初日㊗️観劇。D列(カーテンコールでキャーとなるお席)。開演前にBGMでかみむらさんの曲が流れていなかったなぁ。


f:id:Magnoliarida:20230517105121j:image

f:id:Magnoliarida:20230517105124j:image

私も物語の中にいるみたいでした。そこは教会のような… かみむらさんの音楽も讃美歌のようだった。

篠井英介さんが演じる「母」サンクチュアリかな・・。
そして、ほぼ全員出ずっぱりでした。それが皆さま疲れていたら寝ちゃいそうな体勢で… 緊張してるから寝ないか…。

浜ちゃんと安井さんが夫婦のときの子どもは季節くん。←これ、ネタバレにはならないよね?

ていうか… 大好きな浜ちゃん(浜田信也くんね❤️)が素敵すぎて… 今回の髪型だと色気漏れてます。槙野万太郎さながらズキャン❤️となった私です。

あ・・『ドードーは落下する』以来の藤原季節くんが劇団員のように馴染んでた。

初日だからこれくらいに😏

次は6月。2回目観たら改めて感想書きます。

f:id:Magnoliarida:20230517105334j:image

(公式サイトより)
人魂(ひとだま)となって、極刑を生き延びた政治犯は、
小さな箱に入れられて、独房の隅に忘れもののように置かれている。
耳を澄ますと、今もときどき小言をつぶやく。
恩赦である(捨ててこい)、と偉い人は言った。
生真面目な刑務官は、箱入りの魂を、その母親に届けることにした。
森の奥深くに住む母は言った。
この子はなにをしたんですか?
きっと素晴らしいことをしたのでしょう。
そうでなければ、魂だけが残るなんてことがあるかしら。
ところで、あなたにはお礼をしなくてはいけませんね。
母はベッドから重たそうに体を起こした。
魂のかたちについて。
作・演出:前川知大
出演:浜田信也、 安井順平、 盛隆二、 森下創、 大窪人衛 / 藤原季節、 篠井英介

ドラマターグ・舞台監督:谷澤拓巳、美術:土岐研一、照明:佐藤 啓、音楽:かみむら周平、音響:青木タクヘイ、衣裳:今村あずさ、ヘアメイク:西川直子、ステージング:下司尚実、舞台監督:山下 翼、演出助手:山下 茜
プロップマスター:渡邉亜沙子、照明操作:溝口由利子、音響操作:堤 裕吏衣、衣裳進行:塚本かな、美術助手:安岐祐香
宣伝美術:鈴木成一デザイン室、Photo:©Inka & Niclas、舞台写真:田中亜紀、制作:坂田厚子、票券:宍戸 円、制作デスク:谷澤 舞、プロデューサー:中島隆裕 主催:エッチビイ株式会社

かみむら周平さん「〜 イキウメの新作を作り上げるという格好良さ。」「劇団の音楽を作らせてもらって12年くらい。進化し続けたいと特に思う作品との出合いになりました。」

吉住モータースさん「〜前川さんも演者もスタッフさんも皆スゴイですが、お客さまがスゴイ!この答えの無いお芝居を客席から熱く注視する集中力と気合たるや。」と。嬉しいなぁ😭。

前川知大×浜田信也×安井順平インタビューmagnoliarida.hatenablog.com

イキウメ新作「人魂を届けに」開幕に前川知大「この作品が創れたことに驚いています」(ステージナタリー) (撮影:田中亜紀さん)https://natalie.mu/stage/news/524967

f:id:Magnoliarida:20230517231554j:image
f:id:Magnoliarida:20230517231557j:image
f:id:Magnoliarida:20230517231600j:image
f:id:Magnoliarida:20230517231551j:image

ごぼう茶飲みながら(ティーバッグだけど)f:id:Magnoliarida:20230517232225j:image

た組でおなじみの藤原季節くん、た組のときもだけど、雰囲気はさほど変わらないのにどのお芝居にも自然に、いる。映画も同じ、そこにいる。いいよねえ。

劇団た組『ドードーが落下する』★★★★★ 

た組『ぽに』★★★★ 

た組第20回目公演『誰にも知られず死ぬ朝』2回目★★★★★ 

『青い瞳』★★★★