ほらほらコーヒーが冷めちゃってるよ 2

【おかえり、亮ちゃん】田島亮くん(・中嶋将人)と浦和レッズと演劇と映画と音楽が大好き!! 成河くん、亀田佳明さま、イキウメと浜田信也くん、宮沢氷魚ちゃん、大好きです。 演出家・藤田俊太郎くんを応援しています。小林賢太郎さん・片桐仁さんが大好き。ラーメンズは永遠に好き。BrandonBoyd&Incubus、JasonMraz、B'z、EddieRedmayne、大橋トリオ、kitori、宮本浩次さん。みんな大好き。なにより空が好き。 都々逸やっています。

フィリップ・ドゥクフレ カンパニーDCA 『CONTACT−コンタクト』Compagnie DCA/Philippe Decouflé CONTACT★★★★★ 

[  久しぶりのさい芸。やっぱり心なしか寂しい。
 蜷川さーん。この先は撮影禁止。  鋼太郎さんが彩の国シェイクスピア・シリーズ2代目芸術監督に就任しましたの看板。
「息する花」の前で律子さんにばったり。よく会います。←嬉しい。
『過去作品の名場面を集めた『パノラマ』(2014年)の摩訶不思議で夢のような世界が記憶に新しいフィリップ・ドゥクフレのカンパニーDCAが、今度はミュージカルをひっさげ日本上陸! ファンタジックで奇想天外な演出でジャンルを問わず幅広く活躍し、現在ブロードウェイで上演中のシルク・ドゥ・ソレイユのための新作『Paramour』を手がけたフィリップ・ドゥクフレ。『CONTACT−コンタクト』は、ゲーテの『ファウスト』にインスパイアされ、20世紀の舞台芸術の巨人ピナ・バウシュ『コンタクトホーフ』へオマージュを捧げたカンパニー最新作です。ライヴ音楽、サーカス、コント、トリッキーな映像、そしてダンスが交錯する、ドゥクフレの“現在”が凝縮されたフレンチ・キャバレー風の摩訶不思議な世界!』
 
「フィリップ・ドゥクフレカンパニー『CONTACT』1秒も目を離したくない世界。チケット早く買いすぎて最前列だったため、右見て左見てと忙しかった。ウィットに富んだ美しいエンターテイメントショーに眼福。最後の方に人文字でCONTACTと映し出されたとき涙と鼻血が出そうになったよ。」
と帰りにTweet
チャーミングでセクシー。子どもから大人まで楽しめる。中高生男子が見たらドキドキするかも。生演奏(歌も)もすごく楽しかった〜。全員歌えて踊れるカンパニーです。
ファウスト役の彼の手がすごく大きくて指先までビシーーッとしてて美しかった〜。(他の方の手も大きい)
 
 演出・振付フィリップ・ドゥクフレ メッセージ
 『CONTACT』紹介映像。今日観た作品は日本用にアレンジされていて、歌もセリフも日本語が入るというサービスも!!
 
成河くん出演舞台『わたしは真悟』の演出家Philippe Decouflé のカンパニーが来日すると知って、今日を楽しみにしていました。
 
『芝居寄りのダンスとか、フィジカルシアターだとかこれまでちょこちょこ触れて来たけど、この人ね、もうね、なんでもアリ。すごいの。ジャンルわけがうざったくなった人は是非。そうね、ジャンルって結果だから、縛られるものじゃないからね。技術は硬く。創造は柔らかく。ちなみにこれ、彼的にはミュージカル。「わたしは真悟」をまかせられるのはこの人しかいないと確信しました。メルシーボークー。いつか日本でも「アート」という言葉が鼻につかないで語れる、そんな日の訪れを願わずにはいられません。だってね、本当に、楽しい。』http://web-dorama.jugem.jp/?day=20161015
成河くんが名古屋ルキーニ中にあいちトリエンナーレで『CONTACT』を観た後、ブログに感想を書いていたのを読んで、さらに楽しみが増していました。
 
フィリップ・ドゥクフレカンパニー、アートですね。楽しかったなーーーー。あんなことできないけれど、なんだかね、そこに自分も参加しているような気持ちになる舞台でした。
 
インバル・ピント&アブシャロム・ポラック・ダンスカンパニーも小林賢太郎さんも、アート。好きなものがまた増えちゃった。
 3月のピナのカーネーションの前売り売っていたけれど。 
 平さんにタッチ。

与野本町駅のチャイムが「🎵ロミオとジュリエット」になっていました。期間限定だそうで残念。シェイクスピアとニーナがいる場所でもある与野本町にぴったりじゃないですか!