ほらほらコーヒーが冷めちゃってるよ 2

【小林賢太郎氏を応援します】田島亮くんと浦和レッズと演劇と映画と音楽が大好き!! 成河くん、亀田佳明さま、イキウメと浜田信也くん、宮沢氷魚ちゃん、竹財輝之助さん、大好きです。 演出家・藤田俊太郎くんを応援しています。小林賢太郎さん・片桐仁さんが大好き。BrandonBoyd&Incubus、JasonMraz、B'z、EddieRedmayne、大橋トリオ、kitori、宮本浩次さん。みんな大好き。なにより空が好き。 都々逸やっています。 ★★田島亮ちゃんの復帰待ち★★がんばれー!

風の口笛ビル駆け抜けて夏のカーテン開けにくる

「風の口笛ビル駆け抜けて夏のカーテン開けにくる」

f:id:Magnoliarida:20210629132507j:image
f:id:Magnoliarida:20210629132515j:image
f:id:Magnoliarida:20210629132512j:image

お昼休みに。

昨夜初回だった7月の「100分 de 名著」は ボーヴォワールの「老い」

【指南役】上野千鶴子東京大学名誉教授・社会学者)

【朗読】筒井真理子(俳優)

【語り】目黒泉

第一回 老いは不意打ちである 「老いは文明のスキャンダルである」と語るボーヴォワールの視点から、人類にとって「老い」とは何かを考える。

人生100年時代」が到来し、100歳まで生きる人生に備えよ、といわれている現代。平均寿命は、10年前と比べるとおよそ3年延びました。65歳以上は人口の3割で、4人にひとりは高齢者という社会を私たちは生きています。これは、人類が初めて遭遇する事態といえます。このテーマにいち早く手をつけ、多角的に「老い」の姿をとらえたのが、哲学者・作家のシモーヌ・ド・ボーヴォワール(1908-1986)です。彼女が62歳の時に書いたのが「老い」。フェミニズムの代表作「第二の性」と並ぶ名著として知られている本です。

グサグサきました。本は未読です。

www.nhk.or.jp

www.nhk.or.jp

現実を生きるリカちゃん

https://www.instagram.com/licca_real/