ほらほらコーヒーが冷めちゃってるよ 2

【おかえり、亮ちゃん】田島亮くん(・中嶋将人)と浦和レッズと演劇と映画と音楽が大好き!! 成河くん、亀田佳明さま、イキウメと浜田信也くん、宮沢氷魚ちゃん、大好きです。 演出家・藤田俊太郎くんを応援しています。小林賢太郎さん・片桐仁さんが大好き。ラーメンズは永遠に好き。BrandonBoyd&Incubus、JasonMraz、B'z、EddieRedmayne、大橋トリオ、kitori、宮本浩次さん。みんな大好き。なにより空が好き。 都々逸やっています。

NINAGAWA MEMORIAL『パンドラの鐘』★★★★★

シアターコクーンにてCOCOON PRODUCTION 2022/NINAGAWA MEMORIAL『パンドラの鐘

パンドラの鐘』は、蜷川さんのご指名で野田さんが手掛けた戯曲。1999年に蜷川さん演出バージョンがシアターコクーンで、野田さん本人が演出を手掛けたバージョンが世田谷パブリックシアターで“同時期”に上演されたものですが、自分の意思で観たくてチケットを購入した舞台歴が1998年の『身毒丸』からで、まだ趣味にもなっていなかったので観てなくて、初パンドラは2021年の熊林さん演出の舞台です〜。『パンドラの鐘』★★★★ 


f:id:Magnoliarida:20220626070420j:image

f:id:Magnoliarida:20220626070423j:image

f:id:Magnoliarida:20220626070456j:image

f:id:Magnoliarida:20220626070500j:image

K列センターブロック。野田さんがいらしてました。感想お聞きしたい!
パンドラの鐘』感想はゆっくり書くとして…杉原さんの演出、やっぱり大好き!
ラスト近くの成田凌くんに涙が止まらず。
美術や音楽の入れ方に木ノ下歌舞伎での杉原さん演出を思い出したりも🎵
全体的に野田さんへのリスペクトをガンガンに感じたのは、大勢のアンサンブルを使った演出だったからかも。蜷川さんの演出どんなだったのかな〜(秋にWOWOWで放送されますね。楽しみ)
ラストは蜷川さんのおはこのあれ。何年ぶりかに観たあれ。現実に繋がる演出でした。

杉原さんの演出だし、朗読劇『湯布院奇行』が素晴らしかった成田凌くん、私が信頼している大鶴佐助くん、玉置礼央くん。そして大好きな白石の加代ちゃん、けっこう好きな前田敦っちゃん(あの独特な声も好き)だもの。彼らなら野田さんの美しい言葉を客席に伝えてくれると思っていました。間違いなかった!葬儀屋グループやアンサンブルの皆さまも観たことある方が多く、安心感半端なかった。

葬式屋のミズヲ役に成田凌、古代の女王・ヒメ女役に葵わかな、オズの婚約者・タマキに前田敦子、古代の国の重臣ハンニバル役に玉置玲央、カナクギ教授の助手・オズ役に大鶴佐助、オズと同じくカナクギ教授の助手・イマイチ役に柄本時生、考古学者のカナクギ教授とヒメ女の兄・狂王の2役に片岡亀蔵、ピンカートン未亡人役に南果歩、ヒメ女の乳母・ヒイバア役に白石加代子

 

 

  あとで

 

 

 

COCOON PRODUCTION 2022 NINAGAWA MEMORIAL
パンドラの鐘
作:野田秀樹 演出:杉原邦生
出演:成田 凌 葵わかな / 前田敦子 玉置玲央 大鶴佐助 / 森田真和 亀島一徳 山口航太 武居 卓 内海正考 王下貴司 久保田 舞 倉元奎哉 米田沙織 涌田 悠 / 柄本時生 片岡亀蔵 南 果歩 白石加代子 

野田秀樹さんから、直接、耳寄りの速報 「私(野田秀樹)、ツイッターとか、そういうものをやっておらず、ここでお伝えするしかなく、こんな形です。
現在シアターコクーンで上演中の杉原邦生さん演出『パンドラの鐘』を、初日拝見して、大変面白かったので、是非、「行こうかどうか」ためらっていたり、「情報の届いていない方」、劇場に、足を運んでいただけたら幸いです。
パンドラの鐘』は、1999年に私が書いたもので、今回は作家として台本を提供したのにすぎません。ゆえに、ほぼ純粋に一般客として観劇し、面白かったです。劇作家として何より戯曲のコトバが観客に届いていたことを嬉しく思っています。
というわけで、こういう場で、他のカンパニーをお薦めしたりするのは、初めてですが、お時間のある方、是非、シアターコクーンへ、どうぞ、6月28日迄です。
野田秀樹
すでに絶賛していらした!!野田さんの戯曲のコトバ、入ってきました。楽しかった!!

www.nodamap.com

www.bunkamura.co.jp

あらすじ「太平洋戦争開戦前夜の長崎。ピンカートン財団による古代遺跡の発掘作業が行われている。考古学者カナクギ教授の助手オズは、土深く埋もれていた数々の発掘物から、遠く忘れ去られていた古代王国の姿を、鮮やかによみがえらせていく。
王の葬儀が行われている古代王国。兄の狂王を幽閉し、妹ヒメ女が王位を継ごうとしているのだ。従者たちは、棺桶と一緒に葬式屋も埋葬してしまおうとするが、ヒメ女はその中の一人ミズヲに魅かれ、命を助ける。
ヒメ女の王国は栄え、各国からの略奪品が運び込まれている。あるとき、ミズヲは異国の都市で掘り出した巨大な鐘を、ヒメ女のもとへ持ち帰るが……。
決して覗いてはならなかった「パンドラの鐘」に記された、王国滅亡の秘密とは? そして、古代の閃光の中に浮かび上がった<未来>の行方とは……?

Bunkamuraのここ(右の場所↓)、照明のせいか肌がきれいに撮れる!


f:id:Magnoliarida:20220627115537j:image

f:id:Magnoliarida:20220627115534j:image