ほらほらコーヒーが冷めちゃってるよ 2

【おかえり、亮ちゃん(^O^)】田島亮くんと浦和レッズと演劇と映画と音楽が大好き!! 成河くん、亀田佳明さま、イキウメと浜田信也くん、宮沢氷魚ちゃん、大好きです。 演出家・藤田俊太郎くんを応援しています。小林賢太郎さん・片桐仁さんが大好き。ラーメンズは永遠に好き。BrandonBoyd&Incubus、JasonMraz、B'z、EddieRedmayne、大橋トリオ、kitori、宮本浩次さん。みんな大好き。なにより空が好き。 都々逸やっています。

2009年の都々逸 

都々逸は七・七・七・五のリズムで詠む短詩で、そのリズムを並べるだけでなく、更に分解して初句の七は「三・四」(四・四可)、二句の七は「四・三」(二・五可)、三句の七は「三・四」(四・四可)で、五で止めになります。その月の課題ひとつに対してひとり3章までの作品を提出。そして、それを選者が【佳作】(約20〜25作品)、【七秀】(7作品)、【五客】(5作品)、【三才】(「人」「地」「天」)とランク付けして選びます。
01月 お題【音】【新】【暖】【窓】【牛】 私は【窓】の選を担当しました。
 【音】 「今夜は車の音さえしない 雪がふたりを近づける」    ←(佳)
 【暖】 「外は木枯らしあったか鍋が 明日を笑顔に変えてゆく」  ←(佳)
 【牛】 「顔が浮かばぬパソコン文字の 賀状は牛まで味気ない」  ←(秀)
 【牛】 「味噌汁、肉じゃが、きんぴら牛蒡 伝えていきたい母の味」 ←(秀)
 【新春吟】 「行く年ズバッと振り捨て私 一陽来復への一歩」  ←新年のために詠んだ歌
そして、昨年の表彰があり「敢闘賞」をいただきました〜。
02月 お題【舞】【芽】【巻】【皿】【義】
 【舞】 「梅がほころびかけてる空に 冬の終わりの雪が舞う」  ←(客)
 【芽】 「庭のコブシの芽がふくらんだ 今年最初の春の使者」  ←(客)
 【皿】 「皿に盛られた色とりどりに 見慣れたテーブル春になる」←(秀)
 【皿】 「季節を景色をお皿に盛って 春をアレンジする料理」  ←(天)【三才】
03月 【春を遊ぶ】 
     「出会いと別れの半分ずつを 春に乗せてく花筏」 ←「春を遊ぶ」で飾ってもらった作品。
04月 お題【朝】【楽】【業】【訳】【万】 
 【朝】 「眠り足りない子猫を撫でて ゆく風まっさら生まれたて」←(地)【三才】
 【業】 「何も言えずに見送る背中 卒業できない恋もある」   ←(人)【三才】
 【訳】 「喧嘩の理由はいつでも同じ どうでもいいこと繰り返す」←(地)【三才】
 【万】 「数万円もの三ツ星よりも 手作り弁当五ツ星」     ←(佳)
05月 お題【短】【極】【濃】【節】【薬】
 【濃】 「紫陽花白から青、紫へ あっと言う間に夏の風」    ←(秀)
 【節】 「アイスコーヒー飲みたくなって 海が恋しくなる季節」 ←(秀)
 【節】 「五月の芝生に寝っころがって 風のメロディ独り占め」 ←(佳)
 【薬】 「花嫁衣装の仮縫い済ませ キラリと光った薬指」    ←(佳) 
06月 お題【根】【老】【黙】【願】【縁】
 【縁】 「出雲の神様忙しすぎて たまに間違う縁結び」     ←(佳)
 【七夕】『明日天気になりますように 君と夜空が見たいから』  ←「七夕祭り」に飾ってもらった作品。
07月 お題【泣】【積】【屋】【好】【身】
 【泣】 「どれだけ泣いても気づけば朝で 僕を責めないでかい空」←(人)【三才】
 【積】 「私も女の時間を積んで 母がようやく近くなる」    ←(天)【三才】
 【屋】 「裸電球ぽつぽつ灯り 祭りの屋台が活気づく」     ←(秀)
 【身】 「白いドレスのその身を落とし 夏を知らせる沙羅双樹」 ←(客) 
08月 圓朝まつり お題『上』『紙』
 『上』 昔は上手に作ったらしい 父のヒコーキすぐ墜ちる    ←(秀)     
 『紙』 伝えられない想いを書いた 日記にあの日を閉じたまま  ←(客)
09月 お題【住】【受】【郷】【焼】【月】
 【郷】 「故郷の香りが詰まった箱を 開けてひとりの酒になる」 ←(客)
 【月】 「たっぷり笑ったあとにはいつも 月が後からついてくる」←(客)
10月 お題【便】【付】【高】【乱】【市】  私は【高】の選者を務めました。
 【便】 「不便だけれども田舎の暮らし 秋の星座に手が届く」  ←(秀)
 【付】 「昨日の緑が橙色に 気づけば都会も秋の顔」      ←(地)【三才】
 【乱】 「髪の乱れが試合の熱さ 語るヒーローインタビュー」  ←(佳)
 【市】 「自転車飛ばして市場へ向かう 道をトンボと譲り合う」 ←(秀)
11月 お題【坂】【右】【越】【首】【文】
 【右】 「リビング日だまり昼寝の猫が チラリ右目で僕を見る」 ←(人)【三才】
 【首】 「この冬初めて彼氏が出来て 必死でマフラー編む娘」  ←(佳)  
 【某冊子に載った歌】 「とぎれることなく降る雨の音 ずっと寝てたい日曜日」
暇なので・・今年の作品をまとめてみました。↑ お好きな歌、ありますか〜?
そうそう、この年は2月に「第25回 平成二十年・ベスト20」の年間賞1位と3位いただき、私が?とびっくりでしたが嬉しかったです。
  第一位  「ふらり立ち寄りため息ひとつ置いて帰れる店がある」
  第三位  「別れの手紙を千切った空に生まれたばかりの雲がある」